読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなモノがたり其の①ポルノグラフィティ

語るのが好きなのでダラダラと綴ってみようかと思います。


まずはわたしの原点、ポルノグラフィティから。

言わずもがな、岡野昭仁新藤晴一の2人による最高のロックバンドです。

力強い昭仁の声と華麗な晴一のギター。

綺麗なメロディに技巧的な歌詞。

表現力のないわたしにはこれ以上の素晴らしさを語る言葉が見つかりません(笑)


わたしがポルノグラフィティに出会ったのは中学生の時。

ラジオから流れてきたアポロから。

その時は誰これめっちゃカッコいい曲!と思っただけでした。


その後しばらくしてから、妹が買っていたB-PASSという雑誌(当時のB-PASSにはV系バンドがたくさん載っていた)で、ポルノグラフィティにどっぷり浸かることに。


当時の昭仁さんは金髪で、今思えばそこまでイケメンではなかったけれど(笑)、

カッコいい!と即ロマンチストエゴイストを買いに走ったのでありました。


その時のわたしはCDといえばシングルで、アルバムを1枚きちんと聞くということはあまりなかったので、

今でもわたしの中でロマエゴは特別なものなのです。


中高大とずーっとポルノさんばかり追いかける日々。

だけれどもライブに行こう!と思ったのはとても遅かった。

何故か、本物の彼らに会いたい、とは思わなかったから。

今でもそうやけど、彼らは『ステージの上の人』であって、ある意味虚構、フィクション、実在しないもの、と思っていて。


今思えばなぜもっと早くライブに行かなかったのか。

そうすればたまちゃん(ベース。2004年脱退)にも会えたのに。

今更悔もうと遅いのですけど。後悔はずっと消えません。


そんなわたしが、きっかけは覚えてないけれども、ライブ行ってみようかな、と思いたって初参戦したのが忘れもしない、

2007年4月30日

8th LIVE CIRCUIT “OPEN MUSIC CABINET”

in大阪城ホール


20日ライブはアリーナ33列目でした。

当時の思いは、本当にあの時はポルノさんは存在した…!とかライブがこんなに楽しいなんて…!という衝動だけで書かれたブログに残っています(笑)


そこから大阪1日だけで満足していたまだ若かったわたしは、大阪全公演→近畿圏の公演→なんの躊躇いもなく遠征と成長していくのでした…(笑)


今はそこまで必死には追いかけていないけれど、優先事項ではあって、何かあればすぐに動く準備はできています。


いろいろな初めてはほぼポルノさんと共に。

わたしの一部といっても過言ではありません。


そして実はポルノさんのお陰で(?)

わたしは夢烏になったのでありますが、

それはまた別のお話で。


期間が空きすぎて。

ライブのこと諸々書こう書こうと

思いつつめっちゃ空いてしまいました(笑)


9月は忙しかった。


ムックに始まりポルノさん、

プラさんにサイコ、ぱーてぃずーと。


楽しかったけれど、財布へのダメージは

ものすごく。


しばらくはおとなしくしなければ…

と思った矢先の年末公演のお知らせもあり。


何とかするしかないなと。


交際費から削っていくわけです(笑)


しばらくはライブのないお休みは

おうちに引きこもらなければ。


ちゃんとブログ書けるといいな(笑)


朝活。

健康診断が終わって、仕事の時間までカフェでまったり。


iPodをいじりながら考える。

いつの間にか、聴けなかったはずの曲が聴けている。
そういえば彼らがいなくなってもう1年と半年ほど過ぎている。

今でも彼ら個人に会おうと思えば、何かしらの方法で会うことは可能である。

だけど、本当の意味での彼らに会えることはもうない。
解散した直後は絶望した。
だけどなぜか復活という希望は消えなかった。
そして今、悲しみが癒えてきたと同時に希望も薄くなってしまった。

かつてのあの気持ちは、もう戻ってこない気がしている。
もし、彼らがまた再び歩き出してくれたとしても、きっと同じ気持ちではないし彼らも同じではないだろう。
それが時が経つということだと思う。

ずっとなんてない。
永遠もない。
ただ、それを信じてはいたい。
終わりを考えて進むのは辛い。
だからこそ今、好きなものも嫌いなものも、
今しか感じられないことをきちんとしようと思った。

後悔のないように。
そう自分に言い聞かせて、今日もわたしはチケット代を払うのだ。

(笑)


始めました。

ブログ、始めました。


文章力を取り戻すために再開しました。

特に為になるようなことも

有益な情報を発信することもありませんが。

ゆるゆるとやっていこうと思いますので

よろしくお願いいたします。


…と、これを書いてる今、

人身事故で電車が止まっておりまして。

暇を持て余しております。


かれこれ30分待ちぼうけ。

何時に帰りつくことやら。