読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなモノがたり其の①ポルノグラフィティ

語るのが好きなのでダラダラと綴ってみようかと思います。


まずはわたしの原点、ポルノグラフィティから。

言わずもがな、岡野昭仁新藤晴一の2人による最高のロックバンドです。

力強い昭仁の声と華麗な晴一のギター。

綺麗なメロディに技巧的な歌詞。

表現力のないわたしにはこれ以上の素晴らしさを語る言葉が見つかりません(笑)


わたしがポルノグラフィティに出会ったのは中学生の時。

ラジオから流れてきたアポロから。

その時は誰これめっちゃカッコいい曲!と思っただけでした。


その後しばらくしてから、妹が買っていたB-PASSという雑誌(当時のB-PASSにはV系バンドがたくさん載っていた)で、ポルノグラフィティにどっぷり浸かることに。


当時の昭仁さんは金髪で、今思えばそこまでイケメンではなかったけれど(笑)、

カッコいい!と即ロマンチストエゴイストを買いに走ったのでありました。


その時のわたしはCDといえばシングルで、アルバムを1枚きちんと聞くということはあまりなかったので、

今でもわたしの中でロマエゴは特別なものなのです。


中高大とずーっとポルノさんばかり追いかける日々。

だけれどもライブに行こう!と思ったのはとても遅かった。

何故か、本物の彼らに会いたい、とは思わなかったから。

今でもそうやけど、彼らは『ステージの上の人』であって、ある意味虚構、フィクション、実在しないもの、と思っていて。


今思えばなぜもっと早くライブに行かなかったのか。

そうすればたまちゃん(ベース。2004年脱退)にも会えたのに。

今更悔もうと遅いのですけど。後悔はずっと消えません。


そんなわたしが、きっかけは覚えてないけれども、ライブ行ってみようかな、と思いたって初参戦したのが忘れもしない、

2007年4月30日

8th LIVE CIRCUIT “OPEN MUSIC CABINET”

in大阪城ホール


20日ライブはアリーナ33列目でした。

当時の思いは、本当にあの時はポルノさんは存在した…!とかライブがこんなに楽しいなんて…!という衝動だけで書かれたブログに残っています(笑)


そこから大阪1日だけで満足していたまだ若かったわたしは、大阪全公演→近畿圏の公演→なんの躊躇いもなく遠征と成長していくのでした…(笑)


今はそこまで必死には追いかけていないけれど、優先事項ではあって、何かあればすぐに動く準備はできています。


いろいろな初めてはほぼポルノさんと共に。

わたしの一部といっても過言ではありません。


そして実はポルノさんのお陰で(?)

わたしは夢烏になったのでありますが、

それはまた別のお話で。